かぶる理由が『髪の毛をわざわざ整えたくない』というのは変?

先日、ハッ!と思えるご相談があったので、ご紹介致します。

お電話でご相談頂いたのですが、、、
「あの。。。もうそろそろ定年退職するのですが、なにも用事が特にない時に、
『髪の毛をわざわざ整えたくないから帽子をかぶる』というのは変ですか?」
と紳士な声の男性が開口一番におっしゃられたのです。

私:「全く変ではありません。私もそのようにしております。(小さい声になってしまいましたが…)」
と即答してしまいました!

年齢関係なく、身だしなみに気遣われる男性って素敵だな、、、それに引き換え、女性である私ったら…と、手を抜きすぎ?とハッ!としてしまったのです。
定年を迎えられる年齢の紳士は、ほんのちょっとのお出かけでもハンチングをかぶって行くという姿、身だしなみに気遣われる様子に、自分自身を見なおす機会をいただきました。

私自身、普段は専ら身だしなみを気にしないお出かけの時はハンチングをかぶって気楽に出かけます。。。
(この使い方、意外と便利です!)

確かに整髪剤を付けたくない時や寝癖を抑えるためなど、他の人に見られることがない理由で被ったとしてもカジュアルになり過ぎずオシャレになるのもハンチングの良いところですよね!

逆にハンチング帽子は、ただ何となくかぶると洋服との統一感がなくなってしまうことがあり、ダサくなってしまう可能性が有るので、服装の色や生地感にコーディネイトして被ってください。
服装の色や雰囲気と合わせれば、一つのコーディネイトとしてビシっと決まり、お洒落さがアップして外出先でも気分よく過ごせますよ!

髪の毛の事情により帽子を被って出かけたとしても、そのことを知っているのは、自分だけなので大丈夫です!

私事ですが、普段の外出の時はハンチングをメインに『今日はこの色(種類)のハンチングを被る!』と思って、洋服をコーディネイトして被って楽しんでいます♪


ハットマジック店長