女性のハンチング帽

10数年前、帽子にはまっていた時期があります。
30代の頃です。その頃は今よりもボーイッシュな服装が好きでした。ハンチング帽は複数持っていて、一つが夏用の薄グレーの千鳥格子柄のものでした。
もう一つはクリーム色のベロア素材のようなものです。両方共ひさしの真ん中にスナップボタンがついていて、スナップをはずすとトップ部分が上がって、また印象が変わりました。
特にクリーム色のものはキャスケットのように使え、可愛い服もあいました。千鳥格子のハンチング帽との服の組み合わせで多かったのは、トップは上に水色のGジャンを着て、インナーに半袖や長袖の黒や紺のタートルネックのシャツ、または白と黒のボーダーのシャツ、ボトムにはクリーム色のチノパンまたはコーデュロイのクリーム系のパンツを履くパターンでした。
千鳥格子の柄が細かかったので、無地と同じようにかぶることができました。
私のこだわりとしては、ハンチング帽はまっすぐでなく、少しだけ斜めにかぶりました。
多少、顔の大きさをカバーする効果があったような気がします。

haさん(女性)
----------------------------------
ハンチング帽子専門店ハットマジック」でお気に入りのハンチングを探そう!
http://www.hunting-cap.com/
----------------------------------

Be the first to comment

Leave a Reply